2009年07月16日

US女子Openでのスイング研究:愛ちゃん、美香ちゃんに見る飛ばしの秘訣?!

さて、US女子Openも終わってしまって、チョッと気が抜けているおっさんですが、練習ラウンドから現地入りして楽しんだ特権「写真撮り放題」で集めた選手の写真をチョッと加工してお届けしましょう。

このシリーズではインパクトの時の体の使い方、位置を確認したくて出来るだけ正面から撮っていますが、人ごみの関係で少し前方から撮ったものもあります。

その第一弾、沖縄からのお二人のティーショット(ドライバー)のスイングを見てみましょう。お高いデジカメではないので、シャフトが見えないのはご愛嬌で、体の使い方、バランスが見れればと思って撮りました。


藍ちゃん、美香ちゃんのスイングです。


posted by ボギーUSA at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

US女子Openでのスイング研究:ポーラ、マリコに見る飛ばしの秘訣?!

さて、US女子Openでのスイング研究の第二弾

今日はチョッと癖のあるスイングの持ち主の、ポーラ・クリーマーとカリフォルニアのジュニアアマチュアMariko Tumanganのお二人のティーショット(ドライバー)のスイングを見てみましょう。
このマリコさん:アマチュア、カリフォルニア州サンノゼにあるハイスクールの2年生、15歳の少女です。残念ながら予選通過はなりませんでしたが、練習ラウンドでのスイングは豪快で、並み居るプロを50Y位於いて行く位飛ばしていました。

筋力の弱い人が飛ばすテクニックが垣間見えると思います。たった一枚の不鮮明な写真では語りきれないものが在ると思いますが、ご覧ください。

スイングの写真はこちらから
posted by ボギーUSA at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

US女子Openでのスイング研究:モーガン、桃ちゃんに見る飛ばしの秘訣?!

THE OPEN(全英オープン)がタイガーもフィルも遼君も居なくなり、我が家では盛り上がりに欠けましたが、59歳のトム・ワトソンがプレーオフに残るなど、去年のグレッグ・ノーマンと言い、ベテランが活躍する姿はおっさんを勇気付けてくれます。

さて、US女子Openでのスイング研究の第三弾

今日はモーガン・プルッチェルと桃ちゃんのスイングの写真をご紹介しましょう。モーガンはツアー女子プロの中では余り飛ばない方の選手、方や桃ちゃんは飛ばす方、

おっさんは解説しません(出来ません)、皆さんが其々、見た楽しんでいただけで場幸いです。


桃ちゃんと、モーガンのスイングはこちらから
posted by ボギーUSA at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

US女子Openでのスイング研究:藍ちゃん見る再現性?!

さて、US女子Openでのスイング研究の第四弾

今日は藍ちゃんのドライビングレンジでの練習風景からご紹介しましょう。

アイアンで調整している様子です。同じスイングを何ショットが撮ったのですが、お気づきのようにトップの位置、上体の捻り、下半身、、、、物凄く再現性の高い物なんですね。さすがTOPプロ。

女子プロの中でもアップライトなスイングだと思いますが、何度振っても同じ位置にトップが来るし、フィニッシュも同じ位置に来ます。おっさんも大いに見習いたいと思いますが、此処まで再現性の高いスイングを身に付けるためにいったい何百、何千のボールを打ち込んだら筋肉が覚えてくれるんでしょうね?

やっぱり練習ですね、、

藍ちゃんのスイング写真 3連荘!!
posted by ボギーUSA at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

US女子Openでのスイング研究:藍ちゃんパッティングストローク

さて、Evian Mastersの興奮冷めやらずといった今日この頃ですが、US女子Openでのスイング研究の第五弾

藍ちゃんのパッティンググリーンでの練習風景からのご紹介です。

パッティングのテンポが一定でスムーズなストロークでした。ご覧のようにボールを打った後頭がしっかり残っていますね。アニカ・ソレンスタムがTVのレッスンで言っていましたが、「ボールがカップに入る音を耳で聞く。目で追わない。」藍ちゃんのパッティングは正にそんな意識をしながら打っている感じがしました。

我々は直ぐにボールの行方が気になり、打ちながら頭を上げるから、引っ掛けたり、プッシュしたり。真直ぐ引いて真直ぐ打ち出す。ボールは追わない!! これが中々出来ないんですよね。

US Womens Open Ai Miyazato Patting R.JPG


posted by ボギーUSA at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

US女子Openでのスイング研究 第6弾:オチョアのバンカーショット

毎週火曜日や水曜日はブログのネタ探しで苦労します。ツアーは練習日だし、自分のラウンドは無いし、ただ今は我が家のジュニアが夏休みなのでその分話題が豊富かもしれません。

さて、チョッとネタは古くなりますが、US Women's Openの練習ラウンドで撮り貯めて置いた写真から、スイング研究の第6弾としてレオーナ・オチョアのバンカーショットをご紹介しましょう。

おっさんが最近悩みに悩んでいるバンカーショットの参考になればと、オチョアが同じバンカーから何発か続けて練習していたものを撮ったものです。連続写真ではないので少しずつボールの位置が違いますが、狙っている場所は同じだったようで、スイングの大きさは一定していました。


オチョアのバンカーショット写真3枚!!
posted by ボギーUSA at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スイングの研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。