2010年04月29日

Cranbury Golf Club:霧雨の中、坊主を連れて練習ラウンド

花粉症の激しい症状に悩まされているおっさんは、昼間のコースに出るのが怖いくらいな状況です。

緑色の脳みそを持つ男が、黄色い花粉に負け、フェアウェーから遠ざかっています。今年の当地の花粉の飛散(悲惨)状況はそのくらい激しいので御座います。

とはいえ、週末のお天気は土曜日が絶好のゴルフ日和(花粉症のおっさんには最悪の天候)暖かく、微風=>草花がとっても元気!!
とはいえ、夕方になりと花粉も納まるので、夕方からボウズと練習に

目指すはCranbury Golf Club のLate Twilight
ところが何と、エアレーションの為、レイトトワイライトは中止。コースクローズの為、アウト!!

幸いな事に、日曜日は一転して朝から雨模様、空気中の花粉は綺麗に洗い流されおっさんにとっては嬉しい限り。

日本語学校が終わった時間に坊主をピックアップ、前日の利便時とばかり再び、Cranbury Golf Club のLate Twilightに

エアレーションで、グリーンは穴だらけ、砂だらけ、それでもクラブが振れるだけ幸せ。雨のため、ガラガラのコースをのんびり廻りました。
霧雨でしっとり濡れたフェアウェー、花粉が気にならないって気持ちが良いもんですね。

早く、花粉の季節が終わりますように。



posted by ボギーUSA at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。